マドレーヌを作ってみました

マドレーヌを作ってみました

マドレーヌを作ってみました

今日はマドレーヌを作ってみる事にしました。



マドレーヌは技術的に難しい事がありません。

スポンジケーキなんかはふるった小麦粉を卵や砂糖などの原液にざっくり混ぜ合わせる工程があるのですが、そのざっくり加減がなかなか難しく、ふんわりと焼き上がるように混ぜるには経験が必要です。

ですがマドレーヌは材料をしっかり混ぜればいいだけなので、失敗の少ないお菓子です。



マドレーヌを作るのは久しぶりなので、インターネットで改めてレシピを探してみる事にしました。



そうしたら実に沢山のレシピが出てきます。

それぞれに使う材料や工程に細かな違いがあって、どれにすればいいか迷ってしまいました。



そこで改めて検索し直すと、その中に調理師専門学校が紹介しているレシピがあったので、その通りに作ってみる事にしました。



マドレーヌにはレモンピールを用いるレシピが多いのですが、こちらでも同じでした。

果物が加わると風味がさらに良くなるという事でしょう。



こちらのレシピで特徴的だったのは、卵に砂糖を加えて混ぜる時に、湯せんにかけてしっかり砂糖を溶かしきるように指示があった事と、ベーキングパウダーの効果を十分に出すために出来あがった生地を30分から1時間休ませておくのがポイントと書かれていた事です。

生地を休ませる事で、ふっくらとした焼き上がりになるようでした。

私は今までベーキングパウダーを使う時、注意書きがないと生地を休ませた事がなかったのでこれは勉強になりました。



レシピに従って作った生地を焼きあげていきます。

マドレーヌは15分位で焼き上がるので、調理器具を洗ったりなどしているとすぐでした。



熱を冷まして一日置くとさらにおいしいという事でしたが、さっそく味見してみるととてもおいしく出来あがっていました。

家庭で作る場合は添加物が入らないので、素材の味わいが生きています。

お店で売っているのよりもおいしいと言っても過言ではない出来栄えでした。



次にマドレーヌを作る時は今回覚えた事を忘れないようにして、さらに他のレシピに挑戦してみたいと思います。

前の記事

    Copyright(C) www.share88.com All Rights Reserved.